抜け毛が気になっているのでシャンプーを変えてみようと考えました。

s1シャンプー使用前

2年前から秋ごろにかけて抜け毛の多さに悩んでいました。

2年前にシャンプーを変えてみて秋を終えると抜け毛が減ったけれど、去年の夏の終わりから秋にかけて抜け毛がまた増えてしまったので、シャンプーを変えようと思ったのです。

最初はシャンプーの際に抜け毛が手に結構絡まっていたのが発見でした。

比較的今まで見たことがないくらいの量ではないですが、かなり毎日抜け毛の量が多かったんで不安に思っていました。

ネットや本で色々抜け毛の情報を集めてみたのですが、抜け毛量が多い場合には2種類あるようです。

秋に抜け毛が多い場合には、頭皮環境など湿度が高い夏場から湿度が低くなる秋にかけて抜け毛が増えるのは季節の変わり目の影響が関係している。

1年じゅう抜け毛が多い場合には、AGAと呼ばれる男性型脱毛症という場合の2種類あるようです。

なので、僕の場合には、秋に抜け毛が増えて冬や春は抜け毛が少ないから頭皮の状態を保つ方が良いケースなんですね。

僕の場合は、頭皮を良い状態に保つと言っても普段シャンプーで汚れを落とす事のみなので、シャンプーを変えてみようと思うきっかけは、普段シャンプーしかしないという事からでした。

シルクアミノ酸配合が魅力のS−1無添加シャンプー

色々なシャンプーがあるなかS−1無添加シャンプーにしようと思ったのは、下記の2点です。

  • 非常にシンプルであること
  • 無添加で洗浄力も弱すぎないということ

シンプルs1シャンプー

抜け毛が気になった時にふと自分でシャンプーを変えるときに思った基準は普段使用している成分を見てみると結構種類も多く入っていました。

頭皮を良くすると考えるとシンプルイズベストが良いかな?

と考えて抜け毛予防や頭皮ケア用のシャンプーは今では多いですが、シンプルなシャンプーを探すようにしました。

その中で気になったのはS-1無添加シャンプーです。

s-1シャンプー
非常にシンプルなシャンプーだと思いますが、その中でもシルクアミノ酸など18種類のアミノ酸が入っているのが特徴です。シルクアミノ酸というとあまり知られてはいないと思いますが、傷んだ頭皮や弱くなった髪の毛などにも良いそうです。シルクとつくと何となく高級品に聞こえますよね。^^

アレルギー反応を起こしにくいという事でアトピー肌の方とかも安心して使う事もできそうです。

成分の種類が少ないので、その分シルクアミノ酸の配合量も多そうです。

パッケージとか比較的地味な印象がありましたが、バスルームに置いてみると地味さは消えていました。手にとってみる場所によっても印象は変わりますね。

緑のアクセントが癒し系である感じや無添加を強調している印象があります。刺激が強そうなシャンプーには見えない点がシャンプーのデザインからもうかがえます。



S−1無添加シャンプーを使用してみた感想

s1シャンプーパッケージ

市販のシャンプーよりも価格は高いので、どんな感じなのか気になったので、届いてからすぐにシャンプーしてみました。

原液はとろみ感がなくサラッとしています。うまく手ですくわないとこぼれてしまいそうです。

量を多く使う方は少し注意が必要かもしれません。

香りもほとんどしない上、原液が水みたいな感じなので、かなり泡立ちが悪いのかな?と思いましたが、結構泡立ちが良く洗いやすいのが印象的でした。

頭皮にいかに良いシャンプーでも香りが苦手だったり、泡立ちが悪いと無理に力が入ったりするし、洗いにくいので、継続しにくいですよね。シャンプーをあれこれ探すのも面倒ですし。

泡立ちが比較的良好ですが、サッパリ感やシットリ感はほぼ中間ぐらいで、コンディショナーとかトリートメントとか不要なのも経済的と感じました。

s1シャンプー原液

元々コンディショナーとかあまりしたくはないので、洗ってすすいだ後もコンディショナー不要だな〜という感じで軋み感もなく、タオルで髪を拭いた後も特に変な違和感がないのも特徴でした。

ある意味目立った特徴がなくシンプルにまとまっているシャンプーに感じました。そのためシャンプーを変えた時の感動というか、違和感というか、そういうのを感じにくいので、ある意味どんな方でも使いやすいというのが特徴です。

シンプルな使用感だからシャンプーにこだわりがない方とかにも向いているかもしれません。

違和感なく使えるというのが個人的に使用しやすく感じたので、今は1本目なので、2本目も購入してみようかな?と感じるシャンプーでした。